カルメン健康体操Ⓡご案内

令和カルメン健康体操新登場
「令和カルメン健康体操は健康経営を目指している事業所を応援します」


令和カルメン健康体操は、誰でも楽しく簡単にできて、効果抜群の健康体操です。
コンセプトは「何はなくても健康第一」です。
*職場でする令和カルメン健康体操
*家族でする令和カルメン健康体操があります。
平成27年に日本中の女性を元気にしたいと発案されたカルメン健康体操。
認知症予防、更年期対策など女子力をアップする健康体操です。
3年間でいろいろな実績ができて知名度も上がる中で、もっと幅広い層でもやりたいという声をいただきました。
そこで、再発案されたのが令和カルメン健康体操です。
職場でするリフレッシュ体操や、親子や孫子(まごこ)でする仲良し体操ができました。
ネーミングを考えているときに丁度テレビから「令和」の声が!!これだ!!と思いすぐに命名しました。
職場でする令和カルメン健康体操
イスに座ってでも、立ってでもできます。
1、呼吸法でリフレッシュ
体の前で両手を交差して大きく息を吸い込みます。
両手をゆっくりと上に上げていきます。(息を吐きながら)
両手が上にいくと頭の上で交差してまた、息を吸い込みます。
ゆっくりと両手を広げながら下におろします(息を吐きながら)
5回繰り返します。
2、ピーンのびゴムでストレッチ
両手にピーンのびゴムを持ち、頭の上にあげて呼吸法と共に
左右にのばします。
5回繰り返します。
両手にピーンのびゴムを持って両肩におきます。
呼吸法と共に左右に腕をのばします。
3、足の疲れをとる
両足の足踏みをします。
両手で足をパンパンたたきます。
最後はやる気のガッツポーズ!!
(これからの仕事も頑張って下さい)


ピーンのびゴムで疲れた体をリフレッシュ


呼吸法と共にするので、自律神経も安定

「カルメン健康体操Ⓡ」
~認知症予防・更年期対策~

80歳からでも遅くない!!40歳からでも早すぎない!!
40歳からの女子力UP
明るく楽しくカッコいい!!  毎日元気に「オーレ!」
誰にでも簡単にできる!!無理なく自分のペースでできる!
認知症にならない!転倒しない!寝たきりにならない健康体操

カルメン健康体操が認知症・更年期対策に良い理由
・姿勢が良くなり、気持ちが前向きになります。
・動作がカッコよくなり、若返ります。
・カルメンの曲にのせて、リズミカルにできて脳が活性化します。
・股関節を開くので、転倒予防にもなります。
・皆と集まってワイワイするので、脳が活性化します。

IMG_3436-b324b-thumbnail2DSC_0324ロゴマーク2IMG_3519-thumbnail2

カルメン健康体操Ⓡは、認知症予防のために作られた健康体操です。
高齢とともに弱くなった足腰を丈夫にして、体も心もやわらかくするので、
転倒からくる寝たきりを防ぐことができます。

また、カルメン健康体操Ⓡは、あなたの持っている女子力を引き出します。
女子力は女性が持っている、本来の輝きや美しさ、やさしさです。
あなたの女子力をUPします。

誰にでも簡単にできて、無理なく自分のペースに、合わせてできます。
姿勢が良くなり、気持ちが前向きになります。

カルメン健康体操Ⓡは、3つの部門から成り立っています。
1、準備体操・・・準備体操で体を柔らかくします。
2、ピーンのび運動でさらに無理なく体を柔らかくして、筋力もつけていきます。
3、「カルメンオレー!!運動」は3分40秒のカルメンオリジナル曲にのせてに
  フフラメンコのエッセンスの入ったカッコいい体操です。

準備運動とピーンのび運動をしっかりすることにより、
「カルメン・オレー!体操」がカッコよくできます。

準備体操は、カラーの効果を用いて、エネルギーステーションを、動かしていきます。

ピーンのび運動は、固くなった体を、無理なく柔らかくします。

カルメン健康体操は、あなたの心も、身体も、健康にします。

さあ、あなたも今日から、明るく楽しく元気よく、
カルメン健康体操Ⓡ始めましょう「オレー!!」

約束・・・無理しない⇒自分のペースで
     がまんしない⇒リラックスして
     競争しない⇒楽しくする

準備運動
足の裏は第二の心臓  足の裏は体の地図帳 60個のツボがある
足の裏をマッサージすると疲れがとれて元気になる
老廃物がでる   足の裏のゴリゴリは老廃物 筋肉の緊張がとれるDSC_8085

1、座って足を伸ばす 両手でつま先から足の付け根までマッサージする(両足3回)
2、足をあぐらのようにして、両足の裏と裏を合わせる
  手で親指をもってグルグル回す(のこりの4本もする)
3、指の付け根をマッサージする(両足)
4、足の裏をマッサージする
5、足を伸ばして指を回す
6、右足をまげて左手の指を右足の指に入れて回す(右回し10回、左回し10回)(両足)
7、足を伸ばして両足の親指の付け根をぶつける(30回)

1、体温を上げる腸運動
腸をマッサージすると腸が元気になり、体温が上がる
体温が上がると抵抗力がつく 腸が活発になり、便通がよくなる
腸は第二の脳 脳の働きが良くなる
腸運動をすると腸が活発になり、血行もよくなり体温が上がる。
腸と脳は連携しているので、脳も活性化する。
脳の働きが良くなるとドーパミンやセロトニンの幸せホルモンがでて気持ちが前向きになる
腸の役割は食べ物を消化しているだけではない。
「ハラがたつ」「ハラをすえる」「ハラを割って話す」などの言葉があるように腸には、感情の要素も含まれる。
腸運動をすることによって、脳も活性化して直感も働き、生きるためのパワーがみなぎる
DSC_8090
1、寝て両手で腸(お腹)を時計周りに回す(10回、反対に回す10回、時計周り10回)
2、腸(お腹)を両手でプッシュする

3、自律神経を良くする呼吸法
長生きをは、長息ともいう。
長い息をすることにより、自律神経のバランスがよくなる
バランスが良くなるとストレスが柔らかくなる
緊張がなくなり、リラックスできる
リラックスすると体が柔らかくなり、若返る
息が深い・長い・・・疲れがとれる
息が浅い・早い・・・疲れやすい
酸素がおくりこまれるので、脳がすっきりして活性化する

1、寝て両手、両足を肩幅に広げて、ゆっくりした気持ちになり、鼻からゆっくりと息を吸う(約10秒)
2、吸った息を口からゆっくりと吐く(約15秒)  5回繰り返す
3、寝て両手を上げながら、1,2の動作をする(5回)
4、左を横にして寝て右足を少し曲げる
5、息を大きく吸って吐くときは体をゆする(3回、反対もする)
6、右を下にしてゆっくりと起き上がる

4、血流を良くする爪もみ運動
指先には毛細血管、末梢神経が集まっている
末端なので血流が流れにくいが、爪もみをすることにより、血流が流れ、血行がよくなる
老廃物がでる 免疫力が高まる
1、 右手の甲を左手でさする
2、 小指から回す(両手)
3、 爪の付け根をプッシュする(両手)
5、 脳を活性するゲーム

6、 脳を活性化するリズム体操

7、 気持ちが前向きになる良い姿勢
高齢とともに内臓が下がり、姿勢が前かがみになる
前かがみになると、下を向いて歩くようになる
下を向くと気持ちまで暗くなってくる
内臓を上げることにより、姿勢もよくなり、気持ちが前向きになる

8、転倒予防の歩き方
高齢とともに股関節が開かなくなり、つまずいて転ぶ原因になる
股関節が開くと、足も自然と上がり歩くものカッコよく歩ける

ピーンのび運動
DSC_8125IMG_3416-886c6-thumbnail2

体の柔らかさは、脳の柔らかさ。

体を柔らかすると、脳が活性化します。

息は、心と体をつなげます。

吸う息、吐く息に意識して行いましょう。

1、足の指の握力をきたえる 腕の筋力を強くする
2、股関節を開く 3、ふくらはぎを伸ばす
4、ひざの運動  5、二の腕の筋力をきたえる
6、ウエストの引き締め 7、背筋をきたえる
8、脇を伸ばす  9、胸を開く  10、腰をきたえる 11、腰を柔らかくする

DSC_8144

さあ、いよいよ「カルメンオレー!!体操」の始まりです。
体もやわらかくなり、股関節も開いて、カッコよくできますよ。

「カルメンオレー!!体操」はカルメンの曲にのせて、
フラメンコのエッセンスが入ったカッコいい体操です。
3つのパートで構成されています。
1番目がビゼーのオペラ「カルメン」の「間奏曲」にのせてします。
2番目は「ハバネラ」で3番目は「前奏曲」です

1番目の「間奏曲」では、大きく手を広げて、上に上げるとともに
内臓も持ち上がるのを意識します。
内臓が持ち上がると、姿勢も良くなります。
姿勢が良くなると、目線が変わるので前向きになります。
カルメンプロフィール写真・守里苑

「さあ、あなたも今日からカルメン健康体操Ⓡをはじめましょう」

2番目の「ハバネラ」では、体のバランスをとります。
足は、前に出した足は指の握力をしっかりと握ります。
後ろの足は、ふくらはぎに力をいれます。
体の重心は、お腹です。丹田のしっかりと力をいれます。
カルメンプロフィール写真

3番目の「前奏曲」では、リズムと最後の「オレー!!」のきめポーズがポイントです。

                  DSC_0354
 
「さあ、あなたも今日からカルメン健康体操Ⓡをはじめましょう」

             

ページ上部に戻る